わたしの欲望を読みなさい

-ラカン理論によるフーコー批判-

ジョアン・コプチェク 著,梶理和子,鈴木 英明,下河辺 美知子,村山 敏勝 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
わたしの欲望を読みなさい

定価本体2800+税

発売日1998年6月

ISBN4-7917-5639-8

現代思想の二大巨頭―「精神分析」のラカン、「歴史主義」のフーコー。アメリカ民主主義、植民地幻想、フィルム・ノワール、ゴシック・ロマン、ジェンダー・ポリティクスなどを題材に、「欲望を読めない」フーコー理論に対する「欲望を読める」ラカン理論の決定的優位性を明快に論証する。