哲学/思想/言語

書名 著者名
分かれ道 ジュディス・バトラー
ゴダール マネ フーコー 増補新版 蓮實重彥
ロジェ・カイヨワ
〈情弱〉の社会学 柴田邦臣
贈与論 岩野卓司
メディアとプロパガンダ 新装版 ノーム・チョムスキー
彼女の「正しい」名前とは何か 新装版 岡真理
後期近代の眩暈 新装版 ジョック・ヤング
偶発性・ヘゲモニー・普遍性 新装版 ジュディス・バトラー、エルネスト・ラクラウ、スラヴォイ・ジジェク
真昼の盗人のように スラヴォイ・ジジェク
アフター・カルチュラル・スタディーズ 吉見俊哉
分解の哲学 藤原辰史
めぐりながれるものの人類学 石井美保
〈内在の哲学〉へ 近藤和敬
生きられた家 新訂版 多木浩二
フリークス 新装版 レスリー・フィードラー
病む、生きる、身体の歴史 田中祐理子
バタイユと芸術 酒井健
政治的省察 宇野邦一
デカルト・ポリティコ アントニオ・ネグリ
ピケティ以後 ポール・クルーグマン、エマニュエル・サエズ、 トマ・ピケティほか