食う、食われる、食いあう マルチスピーシーズ民族誌の思考

近藤祉秋、吉田真理子 編

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
食う、食われる、食いあう マルチスピーシーズ民族誌の思考

定価2,860円(本体2,600円)

発売日2021年11月1日

ISBN978-4-7917-7422-7

牡蠣がつくり育てられているとき、ウルシを掻くとき、乳牛とダンスレッスンするとき。
気鋭の研究者たちが各地の「食」をめぐる営みをフィールドワークし、そこで行われている農業や漁業のあり方、そして人間以外の生物たちとの関係を見つめ直す。それは、まったく新しいかたちで私たちが「ともに生きる」ことの複雑さに対峙する営為でもあった。文化人類学の複数の研究潮流が合流しながら発展を続ける、マルチスピーシーズ民族誌への招待状。