現代思想2021年10月号 特集=進化論の現在

-ポスト・ヒューマン時代の人類と地球の未来-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現代思想2021年10月号 特集=進化論の現在

定価1,650円(本体予価1,500円)

発売日2021年9月27日

ISBN978-4-7917-1420-9

ポスト・ヒューマン時代の進化論を考える
いまなぜ進化論が問題となるのか。進化論をめぐる議論の歴史を確認しつつ、ひとびとの生物学的な生と、社会的な生をいかに統合して考えるかを問う。それと同時に、ポスト・ヒューマン/人新世時代において、ひとつの種としての人間のあり方を思考する。

line2.gif

[目次]

 

特集*進化論の現在――ポスト・ヒューマン時代の人類の地球の未来


 

【進化論とは何か】
進化生物学の現在 / 長谷川眞理子 
体系学の舞台は変転し続ける――系統推定の理論化をめぐって / 三中信宏 

【理論の応用と発展】
考古学と進化論――物質性とニッチ構築 / 中尾央
「表情研究」の現在と課題――行動生態学的視点に基づく考察 / 中嶋智史 
自然における意識の位置づけを問い直す――比較心理学とベルクソン / 米田翼 

【歴史からとらえる】
二一世紀のハーバート・スペンサー――スペンサー思想史研究の主要論点 / 藤田祐 
進化論の被造物――歴史の中のポスト・ヒューマン / 伊東剛史 
社会的動物/家畜的人間――ミツバチの利他性をめぐって / 橋本一径 

【日常にとなりあう進化論】
〈自然な科学〉としての進化論 / 吉川浩満 
「肥満の流行」とメタファーとしての「進化」――食べることを救い出すために / 碇陽子 
人はなぜ虫をきらうのか――害虫を進化させる国家というシステム / 足達太郎 

【種としての人類を考える】
進化論と日本人種論 / 徳田匡
デヴィッド・グレーバーの人類学と進化論 / 片岡大右 
バイオソーシャル・ビカミングス抄――ティム・インゴルドは進化をどう捉え、どう越えたか / 奥野克巳 

【地球から惑星へ】
パンデミックの時代なのだろうか?――COVID-19 におけるグローバルなものと惑星的なもの / D・チャクラバルティ/篠原雅武訳 

【生物学的生をめぐる政治】
性・優生学・人類の未来――W・D・ハミルトンの進化思想を読む / 加藤秀一 
クリスパー(CRISPR)哲学とラマルクの危険な思想 / 美馬達哉 

【臨床の生態学的転回】
神経生態社会性にむけて――逆境のなかのメンタルヘルス / N・ローズ+R・バーク+N・マニング/