ユリイカ2021年2月号 特集=坂元裕二

-『東京ラブストーリー』から『最高の離婚』『カルテット』『anone』、そして『花束みたいな恋をした』へ…脚本家という営為-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2021年2月号 特集=坂元裕二

定価本体1700円+税

発売日2021年1月27日

ISBN978-4-7917-0397-5

映画『花束みたいな恋をした』1/29公開
坂元裕二の描く〈ドラマ〉は何を映しているのか。他者がたまさか交わってしまうこと、そのかけがえのない出会いがもたらすやすらぎと痛みのなかに満ちている感情を俳優の呼気とともに閉じ込めたそれを紐解いたとき、われわれにはどのような「いま」が見えてくるのだろう。『東京ラブストーリー』から『最高の離婚』『カルテット』『anone』、舞台『またここか』を経て、『花束みたいな恋をした』へ――これまでの、そしてこれからの坂元裕二を読みこむ特集号。
目次予定*【対談】坂元裕二×土井裕泰(司会=上田智子)【インタビュー】有村架純…【シナリオ】「水本さん」「骨壺(犬の)」「お願いがございまして」 【エッセイ・談話・アンケート】ケラリーノ・サンドロヴィッチ/豊原功補/長濱ねる/水田伸生/並木道子/中川慎子/清水俊平/兵藤るり…【論考】岡室美奈子/太田省一/松山秀明/西森路代/金原由佳/成馬零一/長門洋平/清田隆之/河野桃子…