Covid-19のあとで(仮)

リチャード・ホートン 著,吉嶺英美 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
Covid-19のあとで(仮)

定価本体予価1800円+税

発売日2020年12月24日

ISBN978-4-7917-7342-8

ふたたび同じことを起こさないためにできること
医学雑誌『ランセット』の編集長であるリチャード・ホートンは、ウイルスが武漢から世界的な大流行へと広がっていく中で世界中の政府が取った――取らなかった――行動を精査する。そして多くの欧米諸国の政府とその科学アドバイザーが、ウイルスとその致死性についての軽く見ていたかを明らかにする。ウィルスの蔓延が止められないうちに貴重な時間が失われ、その後のパンデミックへの備えができないまま、医療システムは崩壊してしまった。ホートンは、自身の科学的・医学的な専門知識をもとに、このような大惨事を二度と起こさないために、国や国際的なレベルで対策を講じる必要があることを詳細に説く。