何はなくとも三木のり平

-父の背中越しに見た戦後東京喜劇-

小林のり一 著,戸田学

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
何はなくとも三木のり平

定価本体予価3200円+税

発売日2020年9月11日

ISBN978-4-7917-7308-4

稀代の喜劇役者、三木のり平の横顔
榎本健一、古川緑波、森繁久彌、菊田一夫、小田野勇、古今亭志ん朝、森光子……戦後の東京を賑わした喜劇人の中心にはいつも三木のり平がいた。息子・小林のり一が数々の証言から語りだす、戦後東京演劇の卓抜な通史にして、父の評伝。