現想と幻実

-ル=グウィン短篇選集-

アーシュラ・K・ル=グウィン 著,大久保ゆう、小磯洋光、中村仁美 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現想と幻実

定価本体2600円+税

発売日2020年8月22日

ISBN978-4-7917-7302-2

著者自らが深く愛した、珠玉の未邦訳短篇集
とある海辺の町を舞台に、複数の語りを通して一人の女性の姿を描きだす「夢に遊ぶ者たち」、架空の未来史〈ハイニッシュ・サイクル〉の1ピースをなす「背き続けて」、勤勉な使用人に主人が与えた意外な試練の顛末を描く、生前最後に発表された短篇「水甕」――。SF・ファンタジーの枠組みを軽やかに超える、ル=グウィンの知られざる魅力に満ちた11篇。

line2.gif

[目次]

 

現想篇――地上のどこか

ホースキャンプ
迷い子たち
文字列
夢に遊ぶ者たち
手、カップ、貝殻
オレゴン州イーサ
四時半
 

幻実篇―外宇宙・内なる地

背き続けて
狼藉者
あえて名を解く
水甕
 

訳者解題

line2.gif

[著者]アーシュラ・K・ル=グウィン (Ursula K. Le Guin)
1929年カリフォルニア州バークレー生まれ。オレゴン州ポートランドに長く暮らし、SF・ファンタジー小説を中心に詩や評論、エッセイに至るまで、生涯にわたり多様で旺盛な創作活動を続けた。代表作としてはヒューゴー賞とネビュラ賞の二冠に輝いた『闇の左手』(早川書房)のほか、「ゲド戦記」シリーズ(岩波書店)、「空飛び猫」シリーズ(講談社)、「西のはての年代記」三部作(河出書房新社)などがある。2018年没。


[訳者]大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)
翻訳家・翻訳研究者。主な訳書にE・ホーク『騎士の掟』(パンローリング)ほか。

[訳者]小磯洋光(こいそ・ひろみつ)
翻訳家。主な訳書にT・コール『オープン・シティ』(新潮社)ほか。

[訳者]中村仁美(なかむら・ひとみ)
立命館大学文学部国際文化学域准教授。主に二〇世紀以降のアイルランド文学を研究。