ユリイカ2020年8月号 特集=今 敏の世界

-『PERFECT BLUE』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』『パプリカ』……その先の10年-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2020年8月号 特集=今 敏の世界

定価本体1700円+税

発売日2020年7月28日

ISBN978-4-7917-0388-3

〈今 敏〉とはなんだったのか
今 敏が不在となった2010年代はしかし、映画においてこそアニメーションの時代と言っても過言ではない。そうした時代に、映像の論理をむき出しにした今 敏のアニメーションはどのように見られるのか、あるいは今 敏というイマージュはどのように語られてきたのか、マンガ家としてのキャリアをはじめアニメーション作品の代表作に至るまで、没後10年のいま問いなおす。

 line2.gif

 【目次】

 

特集*今 敏の世界――『PERFECT BLUE』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』『パプリカ』…その先の10年


対談〈1〉
アニメートする今 敏 / 井上俊之 小西賢一 司会・構成=高瀬康司

❖インタビュー
継承と手習い――工房主としての今 敏 / 板津匡覧 聞き手=高瀬康司

❖彼の想いで
『千年女優』の思い出 / 滝沢聖峰
絵の秘密 / 沖浦啓之
今 敏さん / 松尾 衡
今さん、本当にずるいよ / 三間雅文

❖アニメーションの息づく画
虚構とまじりあう現実 / 中田健太郎
今 敏の妄想機械――個人に作用する集団の夢 / 石岡良治
明晰な自意識――今 敏のアニメーション制作術 / 藤津亮太
マンガ家・今 敏 / 鈴木淳也

❖メールインタビュー〈2〉
ガムランの古武術 / 平沢 進 聞き手=編集部

❖今 敏と書く/描く
〈夢・現実・記憶〉を追って / 柴田勝家
「アイドル未麻」と「キャラクター」――それをみるわたしたち / 藍嘉比沙耶

❖今 敏というファンタズム
境界性のミーム、あるいは輪郭と旋律はいかに抵抗したか / 斎藤 環
カンティレヴァーされたスローモーション――今 敏の技法 / 荒川 徹
夢見る生命にむけて――今 敏のアニメーションの原理について / 上尾真道
夢を取り戻すことを夢見て――今 敏の分身(ダブル) / 木澤佐登志
腐(くさ)すヒロインたち――《パプリカ》の分身、《パーフェクトブルー》の転身、《千年女優》の純真 / 春木晶子

❖対談〈2〉
今 敏の本棚 / 丸山正雄 今 京子

❖夢の代理人
今 敏を追いかけている。 / 末満健一
『東京ゴッドファーザーズ』2021舞台化、演出に向けて / 藤田俊太郎

❖KON'S CHRONICLE
人体を模型(モデル)化するアニメ――『パーフェクトブルー』の箱庭空間と九〇年代以降のキャラ表現 / 松下哲也
倒錯の愛のロンド――今 敏『千年女優』試論 / 北村匡平
アニメーションはもう少しでしゃべり出す――『東京ゴッドファーザーズ』に表れる声と身体の逸脱 / 細馬宏通
虚実混交をアニメ的に描くこと――『妄想代理人』における物語的な虚実とアニメ存在論的な虚実 / 小松祐美
オヤスミ / 黒嵜 想

❖メールインタビュー〈2〉
幸福路の今 敏 / 宋欣穎 聞き手=編集部

❖語彙としての今 敏
今 敏における間メディア的な執着 / トーマス・ラマール 訳=田村正資
パーフェクト・フレーム / イリヤ・クブシノブ

❖アニメーションの彼方
断絶と連続、今 敏の時代と深夜アニメの二〇一〇年代――二一世紀アニメ史の解釈学に向けて / 川口茂雄
かつて世界が私たちに応えてくれたときのこと / 土居伸彰
今 敏研究の現在とこれから / 宮本裕子
海外のアニメ研究と日本 / クッキ・チュー

❖千年の今 敏
今 敏主要映像作品解題 / 宮本裕子


❖連載
私の平成史 7 / 中村 稔


浸みゆく光、藍色に染まる鳥の夢 / 奥間埜乃

❖今月の作品
菊谷浩至・夜野なみだ・行待文哉・川﨑ありさ・長谷川 航・千種創一 / 選=和合亮一

❖われ発見せり
「哲学」という迂回路 / 山野弘樹

表紙イラストレーション cover iIlustration = 今 敏©KON'STONE