コタン生物記Ⅰ

-樹木・雑草篇-

更科源蔵、更科光 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
コタン生物記Ⅰ

定価本体2000円+税

発売日2020年10月24日

ISBN978-4-7917-7178-3

オヒョウからギョウジャニンニクまで

自らの着物(樹皮)を脱いで繊維を提供してくれるオヒョウ、火の神を生み出す(発火器になる)ハルニレをはじめ、二百数十種の植物と人間との深く豊かなかかわりの中から生み出された興味ぶかい神話や詞曲、風習を通して、狩猟採集民族アイヌの精神と生活を描き出す。

 

「ヒグマの狩りからラッコ鍋の言い伝えまで――『コタン生物記』は『ゴールデンカムイ』にとって欠かすことのできない本である。

野田サトル氏 (『ゴールデン・カムイ』作者 )

 

著者が北海道中を歩き回って聞き取った、樹木、草、陸の獣、海の獣、鳥、魚、虫など数多くの生物についての伝承の集大成。よくぞここまでと思うほどのさまざまな言い伝えが集められている。「ゴールデンカムイ」にもこの本から色々な話が取りあげられている。ラッコ肉を食べるときはどうするかという話もそのひとつ。(『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』(集英社)より)

中川裕氏(千葉大学文学部教授・「ゴールデンカムイ」アイヌ語監修)

 

【著者】

更科源蔵(さらしな げんぞう)

1904年、北海道弟子屈町の開拓農家に生まれる。麻布獣医畜産学校に学ぶ。詩人・随筆家として、またアイヌ文化研究によって知られる。著書に自伝的エッセイ『原野』(法政大学出版局)をはじめ、詩集『種薯』『凍原の歌』など五十余冊がある。「アイヌの伝統音楽」約二千曲の録音・訳詞により、第18回NHK放送文化賞受賞。1985年9月25日逝去。

更科 光(さらしな こう)

1948年、北海道札幌市に生まれる。1970年、北海学園大学卒業。会社勤めのかたわら父・源蔵の資料整理を手伝う。