ウイルスの反乱

ロビン・マランツ・ヘニッグ 著,長野敬、赤松真紀 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ウイルスの反乱

定価本体2400円+税

発売日2020年6月25日

ISBN978-4-7917-7285-8

人はウイルスの植民地
エイズやエボラ出血熱など新しいウイルス病の出現は人間による生態系の破壊によりもたらされた。人間と微生物の関係が時に新しいウイルスを出現させ伝染病をまきおこす。その研究成果を迫真のドキュメントをおりまぜて語るウイルス学のすべて。