陶酔映像論

伊藤俊治 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
陶酔映像論

定価本体2600円+税

発売日2020年6月6日

ISBN978-4-7917-7281-0

陶酔・エクスタシーは如何に映像の可能性を拓いたか
芸術最前線に立つ著者の、全く斬新な映像・認識論。陶酔・エクスタシーという知覚・感性が、映像を豊饒にしてきた――。映画の未来を生きるゴダール、肉体美を謳う『美の祭典』のリーフェンシュタール、抑圧された性の諸相を大胆に描くクローネンバーグ、精霊と死者の世界のアビチャッポン、小津安二郎のサイレント映画の革新性等々――。陶酔と映像のつながりを本質的な認識論とする、スリリングな探究。エクスタシー体験は、底知れぬ真実の深みを垣間見せてくれる。傑作。