薔薇のイコノロジー 新・新装版

若桑みどり 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
薔薇のイコノロジー 新・新装版

定価本体3600円+税

発売日2020年5月26日

ISBN978-4-7917-7279-7

愛と生命の寓意
一輪の薔薇に封印されたイメージが、個人を時代を、そして洋の東西を超えて人類に共有される。愛と生命の寓意・象徴として咲き誇る薔薇の花園で紡がれた、全く意想外の精神史。若桑イコノロジーの画期的出発点。芸術選奨文部大臣賞受賞。

line2.gif

[目次]

Ⅰ 薔薇の聖母

Ⅱ 薔薇を食べた驢馬

Ⅲ レオナルドの庭園

Ⅳ 薔薇園にて

Ⅴ 美しき女庭師

Ⅵ 花の道

Ⅶ 菊と蓮

Ⅷ グロテスクの系譜一 周辺の豊饒

Ⅸ グロテスクの系譜二 笑う牛

Ⅹ グロテスクの系譜三 花となった人間

Ⅺ 花と髑髏 静物画のシンボリズム

Ⅻ 刻印された〈詩〉

ⅩⅢ 石の花 反古典主義的空間の根源

ⅩⅣ 花の復権 ウィリアム・モリスのパターン・デザイン

終章 生きている花 残らない芸術のために


あとがき

line2.gif

[著者]若桑みどり(わかくわ・みどり)

1935-2007年。専門は、西洋美術史、表象文化史、ジェンダー文化論。主な著書:『寓意と象徴の女性像』(サントリー学芸賞)、『薔薇のイコノロジー』(芸術選奨文部大臣賞)、『戦争が作る女性像』、『皇后の肖像』、『クアトロ・ラガッツィ』(大佛次郎賞)ほか。