工学部ヒラノ教授の徘徊老人日記

今野浩 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
工学部ヒラノ教授の徘徊老人日記

定価本体1800円+税

発売日2020年3月19日

ISBN978-4-7917-7260-5

独居老人の日常は想像以上にスリリング。今日はいったい何が起こるのか――
かなしいエピソードも、その軽妙な語り口にかかると、なぜかクスッと笑えてしまう。介護認定をめぐるあれこれ、ふしぎな日常会話の数々、あたらしい終の棲家さがし、そして友との別れ。悲喜こもごものリアルな日々のできごとを赤裸々に綴る。

line2.gif

[目次]

1 ウォーカホリック老人

2 劣化御三家

3 男性卒業

4 介護予防施設

5 初めての主治医

6 介護施設探し再び

7 大学小説家を目指して

8 情報弱者の動揺

9 日本の大失敗

10 ヒラノ教授とユダヤ人

11 ヒラノ教授とアメリカ

12 『アメリカよ 美しく年をとれ』

13 独居生活一〇年目

 

あとがき

line2.gif

[著者] 今野浩(こんの・ひろし)

1940年生まれ。専門はORと金融工学。東京大学工学部卒業、スタンフォード大学OR学科博士課程修了。Ph.D.工学博士。筑波大学助教授、東京工業大学教授、中央大学教授、日本OR学会会長を歴任。著書に『工学部ヒラノ教授』、『工学部ヒラノ教授の事件ファイル』、『工学部ヒラノ教授のアメリカ武者修行』(以上、新潮社)、『工学部ヒラノ助教授の敗戦』、『工学部ヒラノ教授と七人の天才』、『工学部ヒラノ名誉教授の告白』、『工学部ヒラノ教授の青春』、『工学部ヒラノ教授と昭和のスーパー・エンジニア』、『工学部ヒラノ教授の介護日誌』、『工学部ヒラノ教授とおもいでの弁当箱』、『工学部ヒラノ教授の中央大学奮戦記』、『工学部ヒラノ教授のはじまりの場所』、『工学部ヒラノ教授の終活大作戦』、『工学部ヒラノ教授の研究所わたりある記』、『工学部ヒラノ教授のラストメッセージ』(以上、青土社)、『ヒラノ教授の線形計画法物語』(岩波書店)など。