毒薬の手帖

-クロロホルムからタリウムまで 捜査官はいかにして毒殺を見破ることができたのか-

デボラ・ブラム 著,五十嵐加奈子 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
毒薬の手帖

定価本体2600円+税

発売日2019年12月25日

ISBN978-4-7917-7239-1

死体を読み取る男たち
「ジャズ・エイジ」と呼ばれる狂騒の1920年代を含むこの時期に、アメリカの法医学は誕生し、犯罪捜査において確固たる地位を築いた。その立役者となった法医学者ノリスと毒物学者ゲトラーのひたむきな努力と、彼らが解決に導いた毒殺事件、その背景にあるアメリカ社会の様相を描いたノンフィクション。

line2.gif

【目次】

プロローグ いたちごっこ

第1章 クロロホルム(CHCl3) 一九一五年

第2章 メチルアルコール(CH3OH)パート1 一九一八~一九一九年

第3章 シアン化合物(HCN, KCN, NaCN) 一九二〇~一九二二年

第4章 ヒ素(As) 一九二二~一九二三年

第5章 水銀(Hg) 一九二三~一九二五年

第6章 一酸化炭素(CO)パート1 一九二六年

第7章 メチルアルコール(CH3OH)パート2 一九二七年

第8章 ラジウム(Ra) 一九二八~一九二九年

第9章 エチルアルコール(C2H5OH) 一九三〇~一九三二年

第10章 一酸化炭素(CO)パート2 一九三三~一九三四年

第11章 タリウム(TI) 一九三五~一九三六年

エピローグ 最も確実な毒


著者あとがき
謝辞
手帖のための手引き
原注

訳者あとがき

索引

line2.gif

[著者] デボラ・ブラム(Deborah Blum)

サイエンスライター。マサチューセッツ工科大学で教鞭をとる。1992年には『The Monkey Wars』(邦題『なぜサルを殺すのか』白揚社)でピュリッツァー賞受賞。邦訳図書に『脳に組み込まれたセックス――なぜ男と女なのか』(白揚社)『幽霊を捕まえようとした科学者たち』(文藝春秋)などがある。

[訳者] 五十嵐加奈子(いがらし・かなこ)

翻訳家。東京外国語大学卒業。主な訳書にニコラス・グリフィン『ピンポン外交の陰にいたスパイ』、ローラ・カミング『消えたベラスケス』(以上、柏書房)ジョン・クラリク『365通のありがとう』(早川書房)、『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館 シーズン1・2公式ガイド』(早川書房、共訳)などがある。