「かわいい」の世界

-ザ・パワー・オブ・キュート-

サイモン・メイ 著,吉嶺英美 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
「かわいい」の世界

定価本体2200円+税

発売日2019年12月24日

ISBN978-4-7917-7235-3

ハローキティ、ミッキーマウス、E.T.、くまモン、ドナルド・トランプ、ジェフ・クーンズ、村上隆……。
キュートという概念が生まれる前の時代とそれ以後では、人々の意識の何が変容したのか? 曖昧で捉えどころがなく、二面性に富む「キュート」の魅力はどこから生まれるのか? 人、物、キャラクター、アート作品から考察する。

line2.gif

[目次]

はじめに

1章 大衆を誘惑する武器としての〈キュート〉

2章 エデンの園でギョッとする

3章 不確定性原理としてのキュート

4章 ミッキーマウスとキュートの連続体

5章 カワイイ――日本という国の新たなカタチ

6章 金正日のキュートさ

7章 キュートと不気味さ

8章 キュートの擬人化は何が問題なのか

9章 キュートとモンスター性――ドナルド・トランプの場合

­10章 キュートと、新たに登場した子ども崇拝

11章 キュートのサバイバル

12章 キュートとキッチュは一卵性双生児?

13章 誠実性崇拝からの脱却

14章 「人生は遊ぶ子ども」


謝辞
原註
参考文献
訳者あとがき
索引

line2.gif

[著者] サイモン・メイ

1956年生まれ。ロンドン大学キングス・カレッジの哲学の客員教授。2000年から1年間、東京大学哲学科の客員教授として日本に滞在。著書には、哲学分野の著書のほか、エッセイ『日本退屈日記——日本の凋落と再生』(麗沢大学出版会)がある。

[訳者] 吉嶺英美

翻訳家。サンノゼ州立大学社会学部歴史学科卒業。訳書にエリック・バーコウィッツ『性と懲罰の歴史』(共訳・原書房)、マイク・ティッドウェル『アマゾンの白い酋長』(翔泳社)などがある。