ユリイカ2019年11月号 特集=ビリー・アイリッシュ

-i wanna end me…闇を跳梁する歌声-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2019年11月号 特集=ビリー・アイリッシュ

定価本体1400円+税

発売日2019年10月28日

ISBN978-4-7917-0377-7

ダークなポップスター、ビリー・アイリッシュの魅力に迫る!
〈ベッドルーム〉発の「Ocean Eyes」をSoundCloudで公開した当時14歳の少女ビリー・アイリッシュは、それからたった3年間のうちに世界を席捲する“ダーク”なポップスターとなった。初のフルアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が各国チャートでトップを獲得したいま、ビリー・アイリッシュという現象がどのように形作られ、何を象徴しているのか、独特の歌声やジャンルレスなサウンド、Z世代の憂鬱、新しい音楽メディアの発展などにも注目しながら迫っていく。

line2.gif

【目次】

 

特集*ビリー・アイリッシュ――i wanna end me…闇を跳梁する歌声

 

❖インタビュー
〈ベッドルーム〉から世界へ――『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』インタビュー / ビリー・アイリッシュ(通訳・翻訳=中村明美)

❖囁きと耳鳴り
初めてのカリスマ / ラブリーサマーちゃん
聖域としての寝室/個(弧)/増幅された囁きの掬い取るもの / 君島大空
一七歳、頻尿、鼻血、子ども部屋おばさん / 田島ハルコ

❖言葉/声
ビリー・アイリッシュという現象 / 中村明美
ダークな「みんなのうた」――「声量」から「声質」へ / s.h.i.
小ささの理由――ビリー・アイリッシュのことばとウィスパー / 吉田雅史
一〇代の、そして一〇代の心を抱いたままのあなたに / 田丸まひる

❖インタビュー――ビリー・アイリッシュを語る
一七歳の風景――大きな渦のなかで歌うこと / 崎山蒼志(聞き手・構成=編集部)
「bury a friend」の深淵を覗く――あるいはビリー・アイリッシュの危うさについて / ACO(聞き手・構成=編集部)

❖生れてくるもの
ジャパニーズゲットーとビリー・アイリッシュの距離 / tomad
インターネットでパーフェクトな虚像になることだけが人間の価値ではない / 水野しず

❖視聴覚の圧倒
ビリー・アイリッシュと「ベッドルーム」のクリエイティヴィティ / imdkm
音楽のフェティシズムについての覚書 / 八木皓平
音のフェチ度――ビリー・アイリッシュとASMR / 長門洋平
神さまに貸しを作ること――ビリー・アイリッシュと身体のホラー / 銭 清弘

❖音楽というサンクチュアリ
特別 / haruru犬love dog天使
ベッドルームにおける808と悲恋 / LOWPOPLTD.

❖i wish you were...
「kinda」の呟きから揺らぐ「正しさ」――ビリー・アイリッシュはクィアたりうるか? / 木津 毅
「あなたがゲイなら良かったのに」を歌うのはだれ?――ビリー・アイリッシュと「すべてであること」 / 宮永隆一朗

❖資料
ビリー・アイリッシュ・クロニクル / 小野島 大

 

❖私が出会った人々*47
故旧哀傷・中村助太郎 / 中村 稔

❖モノ・ローグmono.logue*6
あの子 / 菊地信義

❖詩
少女像を燃やす / 山田亮太
コンセルヴァトワールの叔父 他一篇 / 榎本櫻湖

 

❖今月の作品
白水ま衣・スズキあおぞら・菊谷浩至・Resu・ゆずりはすみれ / 選=水無田気流

❖われ発見せり
手の中に、バトン / 小田原のどか

 

書容設計 editorial design = 羽良多平吉+えほんごラボ heiQuicci HARATA @ EDiX with ehongoLAB.