原子力の人類学

-フクシマ、ラ・アーグ、セラフィールド-

内山田康 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
原子力の人類学

定価本体2000円+税

発売日2019年9月19日

ISBN978-4-7917-7219-3

人類学者はフクシマからフランス、イギリスへ旅をした
放射性物質による汚染は人の目に映らない。そして個々の事故もまた、遠方のウラン鉱山から各地の再処理施設へとつながる巨大な、共生的に隠されたマシーンの一部に過ぎない。企業、政府、労働者、物質……原子力の周縁で絡みあう異なるエージェントたちの時間を追う、圧巻のスケールで描かれる人類学の新たなフィールド。

line2.gif

【目次】

はじめに

第1章 核兵器廃絶の戸惑い

第2章 舞台上の涙
アクアマリンふくしまの深淵/事実は隠される/政治なのか科学なのか

第3章 コタンタン半島の超自然
襞のない街/半島の先の再処理工場/誰も原子力を悪く言わない

第4章 曖昧にしたまま進む
核の軍事利用と商業利用は分けられない/巨大プロジェクトは止まらない/技術は政治/核兵器はゆっくり拡散する

幕間

第5章 境界の浸透性
「良い水」の放射能汚染/基準の根拠/放射能と生命の交叉

第6章 海辺を歩く
石膏海岸の色/ラウル・ガンの旅を追う/水着の少女たち

第7章 ホロビオントの海
微生物叢で繋がる人間/ラ・アーグの海で魚を獲る/なぜ汚染した海の魚を食べるのか

幕間

第8章 解体された家
帰還/家がモニュメントになる/記憶と忘却

第9章 放射能は関係ない
孤立した疫学者/知らない方が幸せ/放射能汚染を正常化する

第10章 主権の影
負の遺産を処理する/原子力マシーンの隠された部分/放射能を引き寄せる放射能汚染

幕間 ポールの生き方

 

おわりに
謝辞
参考文献

line2.gif

[著者]内山田康(うちやまだ・やすし)

一九五五年、神奈川県生まれ。社会人類学者。国際基督教大学を卒業後、東京神学大学を中退してアフリカで働き、スウォンジー大学、イースト・アングリア大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(ロンドン大学)で学ぶ。エディンバラ大学講師を経て、現在は筑波大学教授。共著にThe Social Life of Trees(Berg)、Lilies of the Field(Westview)。論文に「芸術作品の仕事」(『文化人類学』二〇〇八)など