古い絵本の物語

寺村摩耶子 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
古い絵本の物語

定価本体2400円+税

発売日2019年9月25日

ISBN978-4-7917-7221-6

小さな世界の大きな宇宙
懐かしさと幸せに満ちた絵本の奥深い森をさまよいつつ、生命を活気づける「絵本の力」の源泉を探求する――。絵本作りの第一人者・ファンタジーの先達の瀬田貞二の偉大な足跡をたどり、絵本の可能性の中心に迫る。

line2.gif

[目次]

Prologue
はじまりの絵本

1.
大男と一寸法師

2.
見ることの悦び――図鑑と絵本

3.
リリパットの絵本

4.
光と影のドキュメント――「復刻絵本絵ばなし集」が語るもの

5.
コドモノクニの夢――一九四〇年代の絵本から

6.
世界はとけてバターになる――「岩波の子どもの本」の多様性

7.
江戸の絵本作家たち――六〇年代の不思議なタイムトンネル

8.
旅のお仲間

あとがき   

line2.gif

[著者] 寺村摩耶子(てらむら・まやこl)

大阪生まれ。明治学院大学文学部フランス文学科卒業。著書に『絵本の子どもたち』『絵本をたべる』など。絵本の翻訳に『どうぶつたちはしっている』(イーラ写真 マーガレット・ワイズ・ブラウン文)など。