忘れられぬ人々

-故旧哀傷・二-

中村稔 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
忘れられぬ人々

定価本体1800円+税

発売日2019年12月24日

ISBN978-4-7917-7196-7

弁護士としての師・中松澗之助、偉大な俳人・加藤楸邨、戦後文学の旗手・中村眞一郎など、中学・一高の同級生をはじめ、文学上の先輩や同輩、援助者、依頼者として知った経営者など、筆者が特に敬愛した多彩な十一人の風貌、人格を偲び、
哀惜の情にあふれた筆致で描いた回想集。

line2.gif

[目次]

中松澗之助

平本祐二

米川丹佳子

谷山輝雄

信木三郎

水野健次郎

高岡久夫

大岡 信

白井健三郎

中村眞一郎

加藤楸邨

後 記

line2.gif

[著者]中村稔(なかむら・みのる)

一九二七年、埼玉県大宮生まれ。詩人・弁護士。一高・東大法学部卒、『世代』同人。一九五〇年、書肆ユリイカから詩集『無言歌』を処女出版。詩集『鵜原抄』(高村光太郎賞)、『羽虫の飛ぶ風景』(読売文学賞)、『浮泛漂蕩』(藤村記念歴程賞)、『言葉について』(現代詩人賞)、伝記『束の間の幻影 銅版画家駒井哲郎の生涯』(読売文学賞)、自伝『私の昭和史』(朝日賞、毎日芸術賞、井上靖文化賞)ほか、著書多数。