ゴッホの眼 新装版

高階秀爾 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ゴッホの眼 新装版

定価本体2600円+税

発売日2019年5月25日

ISBN978-4-7917-7159-2

聖なる円光をまとう〈向日葵〉、葉むらに死を孕む〈糸杉〉、神の言葉を〈種まく人〉、死の大釜で生命を〈刈入れする人〉など、イコノロジー的な作品の分析や、ゴッホの書簡の精緻な解読によって、ゴッホの孤独で苛烈な生の内部に光をあて、《事件》の真相を解きほぐす。画期的な長編評論。

line2.gif

【目次】

ゴッホの眼

序章

第一章 アルルの向日葵

第二章 不在の椅子

第三章 古靴と寝室

第四章 種まく人

第五章 刈入れする人

第六章 星月夜

第七章 鳥の飛ぶ麦畑


イエスとしての自画像

 

あとがき
初出一覧
図版目録
索引

line2.gif

[著者] 高階秀爾(たかしな・しゅうじ)

1932年、東京生まれ。美術史家。元国立西洋美術館館長。現在、大原美術館館長。主な著書に、『ルネサンスの光と闇』(中公文庫)、『名画を見る眼』(岩波新書)、『フランス絵画史』(講談社学術文庫)、『20世紀美術』(ちくま学芸文庫)、『日本近代の美意識』『西洋の眼 日本の眼』『肖像画論』(いずれも、青土社)ほか多数。