生きられた家 新訂版

-経験と象徴-

多木浩二 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
生きられた家 新訂版

定価本体2400円+税

発売日2019年5月25日

ISBN978-4-7917-7160-8

空間のアルケオロジー
〈家〉を、住むだけの〈容器〉としてではなく、人間的な時間や空間が織り込まれた複合する〈テキスト〉として捉え、そこにに輻輳する人類の思考と想像力を掘り起こす。〈家〉という場に投影された社会・文化の多義性と、人間存在の混沌を見極めるスリリングな現象学。

line2.gif

【目次】
 

1 生きられた家

1 生きられる空間

2 建てることと住むこと

3 かつて、家は……

4 家と巣の比較

5 隠喩としての家


2 空間の織り目

1 空間の発生

2 仮象としての物

3 場所の連鎖

4 おもてとうら


3 住みつくかたち

1 ことばと空間

2 空間の図式

3 内部からの生成

4 時間テキストのなかの空間

5 家の境界あるいはコスモロジー


4 欲動と記号

1 家と無意識

2 感覚的な世界

3 光と闇

4 物と記号

5 小さな次元

6 ブリコラーシュ
 

5 象徴とパラドックス

1 痕跡の宇宙

2 かくされた図像

3 アーキタイプ

4 象徴と両義性

5 常識の世界

6 まがいものの役割
 

6 時間と記憶

1 時間のさまざまな位相

2 記憶と時間

3 時間のない家

4 演劇本能あるいはやわらかな宇宙


エピローグ

参考文献一覧
あとがき

解説 今福龍太
 

line2.gif

[著者] 多木浩二(たき・こうじ)

東京大学文学部美学美術史学科卒業。東京造形大学教授、千葉大学教授を歴任。主な著書に、『眼の隠喩』『「もの」の詩学』『欲望の修辞学』『天皇の肖像』『写真の誘惑』『シジフォスの笑い』『船がゆく』『戦争論』『ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読』『建築家・篠原一男』『視線とテクスト』ほか。