ピケティ以後

-経済学と不平等のためのアジェンダ-

ポール・クルーグマン、エマニュエル・サエズ、 トマ・ピケティほか 著,山形浩生、守岡桜、森本正史 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ピケティ以後

定価本体5400円+税

発売日2019年1月26日

ISBN978-4-7917-7136-3

ピケティ後継本の決定版。
空前の大ブームを巻き起こしたトマ・ピケティ『21世紀の資本』。その余波、功罪、真価を経済学の最先端で活躍する論者が問い直す。24人の論者が各視点から行った考察に加え、それらに対するピケティ自身の応答が収録されている。経済学者による待望のピケティ分析本。

 

 

目次

はじめに  『21世紀の資本』から三年たって 
       J・ブラッドフォード・デロング、ヘザー・ブーシェイ、マーシャル・スタインバウム

第I部  受容

第1章  ピケティ現象  アーサー・ゴールドハマー 
第2章  トマ・ピケティの言う通り  ロバート・M・ソロー 
第3章  なぜ新たな金ぴか時代がやってきたのだろう?  ポール・クルーグマン 

第 II 部  資本の捉え方

第4章  『21世紀の資本』のモデルはどこがおかしいのか?  デヴェシュ・ラヴァル 
第5章  W/Yを政治経済的に考える  スレシュ・ナイドゥ 
第6章  奴隷資本の遍在性  ダイアナ・ラメイ・ベリー 
第7章  人的資本と富――『 世紀の資本』以前と以後  エリック・R・ニールセン 
第8章  技術が所得と富の格差に与える影響の探究  ローラ・タイソン、マイケル・スペンス 
第9章  所得格差、賃金決定、破断職場  デヴィッド・ワイル 

第 III 部  格差の様々な側面

第10章  資本所得シェアの増大と個人所得格差への影響  ブランコ・ミラノヴィッチ 
第11章  グローバル格差  クリストファー・ラクナー 
第12章  『21世紀の資本』の地理学――格差、政治経済、空間  ギャレス・A・ジョーンズ 
第13章  『21世紀の資本』後の研究課題  エマニュエル・サエズ 
第14章  富の格差のマクロモデル  マリアクリスティナ・デ・ナルディ、ジュリオ・フェラ、ファン・ヤン 
第15章  世襲資本主義のフェミニスト的解釈  ヘザー・ブーシェイ 
第16章  増大する格差は、マクロ経済にとってどのような意味があるか?  マーク・ザンディ 
第17章  増大する格差と経済安定性  サヴァトーレ・モレッリ

第 IV 部  資本と資本主義の政治経済

第18章  格差と民主主義の台頭――イデオロギーの歴史  マーシャル・I・スタインバウム 
第19章  資本主義の憲法  デヴィッド・シン・グレウォル 
第20章  世界格差の歴史的起源  エローラ・デレノンコート 
第21章  どこにでもあり、どこにもない――『21世紀の資本』における政治  エリザベス・ジェイコブズ

第 IV 部  ピケティの回答

第22章  経済学と社会科学との融和に向けて  トマ・ピケティ 

謝辞
原註
訳者解説
索引