酔っぱらいの歴史

マーク・フォーサイズ 著,篠儀直子 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
酔っぱらいの歴史

定価本体2300円+税

発売日2018年12月20日

ISBN978-4-7917-7127-1

酒に呑まれた人類史
石器時代から人は酒を飲んできた。シュメール人や古代エジプト人は何を飲んでいたのか。ギリシア人とローマ人とヴァイキングたちの宴とはどのようなものだったのか。蒸留酒があたえた衝撃とは。古代中国やイスラム圏、さらにロシア、オーストラリア、中米にいたるまで、酔っぱらいたちをめぐる人類史。

line2.gif

【目次】

イントロダクション

1 進化

2 飲酒前史

3 シュメールのバー

4 古代エジプト

5 ギリシアの饗宴

6 古代中国の飲酒

7 聖書

8 ローマの饗宴

9 暗黒時代

10 イスラムの飲酒

11 ヴァイキングの宴

12 中世のエールハウス

13 アステカ

14 ジン狂い時代

15 オーストラリア

16 ワイルド・ウエスト・サルーン

17 ロシア 

18 禁酒法

エピローグ

謝辞
参考文献
訳者あとがき
索引

line2.gif

[著者] マーク・フォーサイズ(Mark Forsyth)

1977年ロンドン生まれ。サンデー・タイムズベストセラー1位になったTHE ETYMOLOGICONの著者で、その博覧強記ぶりで知られる。"What's a snollygoster?"と題されたTED Talkは50万ビューを記録している。

[訳者] 篠儀直子(しのぎ・なおこ)

翻訳者。訳書にF・アステア『フレッド・アステア自伝』、G・ワイゼンフェルド『関東大震災の想像力』、N・G・カー『ネット・バカ』(いずれも青土社)など多数。