不如意の身体

-病障害とある社会-

立岩真也 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
不如意の身体

定価本体2800円+税

発売日2018年11月17日

ISBN978-4-7917-7119-6

異なる人たちの、〈公平〉な社会にむけて
動けない「足」が障害なのか、車いすで移動するのに適さない「社会」が障害なのか。支援するためには病や障害の原因を「同定」することが必須なのか。公平な社会のあり方を考えてきた政治哲学が、障害を取りこぼしてしまってきたのはなぜなのか。誰もが不利益を不当に被ってしまわない社会――政治、経済を見失わず、確固たる思想的基盤をひとつひとつ作り上げていく、明日の社会のための強靭な思想。

line2.gif

【目次】




第1章 五つある
 1 不如意な身体に五つある
 2 五つについての必然的でない事情、関係・併存
 3 各々について、誰にとっての正負
 4 できないこと
 5 各々について
 註

第2章 社会モデル
 1 短く言ってみようとする
 2 インペアメントを言う人には苦痛と死を言っている人がいる
 3 インペアメントがある、と言う必要はない
 4 原因と解する必要はない
 5 だれにとってのできないことの得失
 6 分岐は規範の水準にある
 7 社会モデルの本義
 註

第3章 なおすこと/できないことの位置
 1 なおすことについて
  1 なおすことについて
  2 例えば脳性まひ
  3 考える場はあること
  4 例えば脳性まひ・続
  5 ほぐしていくこと
  6 近辺でなされた仕事の例
 2 できないことの位置
  1 できなことは何と言うか
  2 A:できないがべつに・対・B:あればできる
  3 存在証明という方角もあるが
 註

第4章 障害(学)は近代を保つ部品である、しかし
 1 近代、とその次?
 2 障害とは何か、とは問わない
 3 非‐能力/障害
 4 批判者である障害学は願いをかなえもする
 5 しかしとどまることはしない
 6 ではどんな方向に行くのか?
 註

第5章 三つについて・ほんの幾つか
 1 異なることについて
 2 苦と死
 3 表わすこと
 4 慰めること
 註

第6章 加害のこと少し
 1 厄介であること
 2 社会防衛が護るもの
 3 やがて社会防衛が一部で否定される
 4 基本的には加えることがないこと
 5 それでもどちらがよいかと考えることはできる
 6 免責と免責されても残るもの
 7 範疇・確率
 註


第7章 非能力の取り扱い――政治哲学者たち
 1 政治哲学者たち
  1 言われたことを検討すること
  2 ロールズ・1
  3 ロールズ・2
  4 ロールズ・3
  5 ヌスバウム・1
  6 ヌスバウム・2
  7 ヌスバウム・3
 2 代わりに
  1 有限であり、既にあり、隔たりがあること
  2 へ/の
  3 において
  4 根拠?
  5 効用を狙った、実行における平等のための、手段の提供
  6 如何ともし難い、ように思えるもの
  7 知性・理性について
  8 幸/不幸
 註

第8章 とは何か?と問うを問う
 1 星加良司『障害とは何か――ディスアビリティの社会理論に向けて
  1 検討に際して
  2 批判篇の行論
  3 インペアメントの棄却
  4 しかし分け隔てるものがある、ようだが
  5 原因論
  6 帰責性による解釈の処理
 2 榊原賢二郎『社会的包摂と身体』
  1 同定という行ない
  2 局所?
  3 むしろ動きを捉えること
  4 まずは、身体に関わってできない(+違っている)こと、程度で
 註

第9章 普通に社会科学をする
 1 どこを出発点におくか
  1 星加規範論の仕組み
  2 不利益の集中
  3 定義としては成立しないが
  4 不利益の集中(複合化・複層化)が肝心とされること
  5 総合評価について
  6 大変さを示すことで要求するのがよいか
 2 大きな話は終わっていない
  1 ではどうするか?
  2 社会(科)学は
  3 ただ一つひとつ応ずればよいではないか
  4 嘘を言うから「障害」が要ると言われる
 註


第10章 ないにこしたことはない、か・1
 1 どんな主題なのか
 2 死なず痛くなければよい、とはいえ、できるにこしたことはない、か?
 3 できることは必要だが、私が、である必要はない
 4 支払いをみると、他人にやってもらった方が楽なことがある
 5 得たいものは、因習にこだわらなければ、さまざまに得られる、こ 前ページに戻る