ことばの恐竜

-最果タヒ対談集-

最果タヒ 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ことばの恐竜

定価本体1800円+税

発売日2017年8月25日

ISBN978-4-7917-7008-3

気鋭の詩人・最果タヒ、初の対談集!
わたしたちは人間という小さな存在のまま、大きな恐竜を背負うように暮らしている。それが心強いこともあるけれど、痛みを伴うこともある。

line2.gif

【目次】

まえがき

松本隆
 紙にのせることば、音にのせることば

大森靖子
 ミラー/レンズになりたい。

二階堂ふみ
 「わからない」を肯定する

青柳いづみ
 身体と文字のあわいで

谷川俊太郎
 詩になるとき、詩が広がるとき

穂村弘
 ささやかな人生と不自由なことば

石黒正数
 右投げと左投げのキャッチボール

志磨遼平
 平凡、あるいは詩とロックの日常言語

あとがき

line2.gif

[著者] 最果タヒ(さいはて・たひ)

1986年生まれ。2004年、インターネット上で詩作を始める。2008年『グッドモーニング』で中原中也賞を受賞。2015年、『死んでしまう系のぼくらに』で現代詩花椿賞を受賞。詩集に『空が分裂する』『夜空はいつでも最高密度の青色だ』。小説に『星か獣になる季節』『かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。』『渦森今日子は宇宙に期待しない。』『少女ABCDEFGHIJKLMN』などがある。2017年7月、最新詩集『愛の縫い目はここ』を発表。