ユリイカ2017年1月号 特集=アメリカ文化を読む

-カウンターカルチャーの新しい夜明け-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2017年1月号 特集=アメリカ文化を読む

定価1,540円(本体1,400円)

発売日2016年12月27日

ISBN978-4-7917-0321-0

■私が出会った人々*13
故旧哀傷・谷山輝雄 / 中村稔

■シュタイネ*3
チガレッテ 他一篇 / 多和田葉子

■詩
文明のさいはてのとき / 中村 稔
雪 / 萩野なつみ

■ユリイカの新人
鉄塔 / 神山紗良
雨 対唱 / 呉 基禎

 

特集*アメリカ文化を読む――カウンターカルチャーの新しい夜明け

 

■詩
地上の国 / 藤井貞和

■ “Are my songs literature?”
アメリカ音楽にもつれて ボブ・ディランとアメリカ / 飯野友幸
民衆詩人ボブ・ディラン トランプに対置されるディラン・ソング集 / 堀内正規
南影 / 松村正人

■2016年11月8日
多分これからも都市の空気は自由にする / 池田純一
捏造が織りなすリアリティ 2016 / リピット水田 堯 訳=大﨑晴美
今だからこそ、届けたいストーリー / 渡辺由佳里
ひとりのアジア人として / 佐久間裕美子
「ポスト真実」の世界における〈釣り師〉の窮地 トランプを支持した「ゲイ」と「オカマ」の相違を理解するために / クリス・ローウィー

■鼎談
ラップは「いま」を映しているか / 大和田俊之+磯部 涼+吉田雅史

■見出された“アメリカ”
L'Amérique Fantôme. 「幻のアメリカ」 / 丹生谷貴志
海原が きみの歌のなかに 鳴りひびきつづけた……午前三時のアメリカの幻 / 中村隆之

■共同体の理念と逸脱
ブレグジット、トランプ、そして平行世界を生きること / ブレイディみかこ
「リベラルな西洋」の危機とヨーロッパの行方 / 片岡大右
二つの「帝国」の間で揺れる東アジア / 梶谷 懐

■リテラルに……
「偉大なアメリカ小説」を取り戻す? 「世界文学」時代のアメリカ小説 / 諏訪部浩一
「忘れられた人々」が思い出されるとき トランプ時代に読まれるシンクレア・ルイス / 高村峰生
ジョージ・サンタヤナとアメリカ文化 あるいは「お上品な伝統」と反知性主義 / 入江哲朗
「罪」を超えた「誇り」を ローティの予言と愛国的左翼論 / 大賀祐樹

■銃後のスクリーン
陰謀と内戦 / 吉本光宏
コサックとカウボーイ フロンティア神話の終わりのあとに / 乗松亨平
二〇一六年の年末に『グラン・トリノ』を観なおしてみる。 / 長谷川町蔵

■市街のエスノグラフィー
ポップカルチャーが生まれる場所 人種・分断・融合 / 堂本かおる
アメリカ文化とアルターエゴの行方 / 大山エンリコイサム
アート・アフター・トランプ / 小林 剛
二〇〇五年のプラシーボ / ミヤギフトシ

 

■われ発見せり
情けなさに踏みとどまって / 辻佐保子