クラウド時代の思考術

-Googleが教えてくれないただひとつのこと-

ウィリアム・パウンドストーン 著,森 夏樹 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
クラウド時代の思考術

定価本体2400円+税

発売日2017年1月25日

ISBN978-4-7917-6966-7

ミレニアル世代以降、知識とどう向き合うか
検索すればありとあらゆる情報が手に入る時代に、なぜ知識をたくさん持つ者は持たざる者よりもお金を稼ぐのか? リツイートやシェアされた記事の真偽を見極めるためにはどうすればいいのか? 無知から来る自己の過信=「ダニング=クルーガー効果」をキーワードに、さまざまなジャンルを横断しネット時代における新しい知のあり方を提案する。

line2.gif

【目次】

序 事実はもはや時代遅れ

Ⅰ ダニング=クルーガー効果
1 「ジュースを塗ったのに」
2 無知の地図
3 愚か者の歴史
4 五人に一人の法則
5 情報に乏しい有権者
 

Ⅱ 知識のプレミアム
6 事実に値札を付ける
7 エレベーター・ピッチ・サイエンス
8 グラマー・ポリス、グラマー・ヒッピー
9 ナノフェイム
10 エビはコーシャーか?
11 哲学者とリアリティー番組のスター
12 セックスと不条理
13 ゴールポストを動かす
14 マシュマロ・テスト
15 浅学の価値
 

Ⅲ 文化を知らない世界
16 知的レベルの低下が厳しいとき
17 キュレーションの知識
18 氷の謎
19 キツネとハリネズミ


謝辞
あとがき
参考文献
原注
索引

line2.gif

[著者] ウィリアム・パウンドストーン(William Poundstone)

MITで物理学を学ぶ。専門は物理学と情報理論。著書に『囚人のジレンマ』『パラドックス大全』『ビル・ゲイツの面接試験』『天才数学者はこう賭ける』『プライスレス』『科学で勝負の先を読む』『選挙のパラドクス』『Googleが欲しがるスマート脳のつくり方』(以上、青土社)、『大疑惑』『大秘密』『大暴露』(以上、早川書房)『ライフゲイムの宇宙』(日本評論社)ほか。
 

[訳者] 森夏樹(もり なつき)

翻訳家。訳書にT・ケイヒル『聖者と学僧の島』『ギリシア人が来た道』『中世の秘跡』、R・L・フォックス『非公認版聖書』『アレクサンドロス大王』、G・J・ライリー『神の河 キリスト教起源史』、S・F・ブラウン+Kh・アナトリウス『カトリック』、Ch・ウッドワード『廃墟論』、P・ウィルソン『聖なる文字ヒエログラフ』、J・ターク『縄文人は太平洋を渡ったか』、W・クラッセン『ユダの謎解き』、D・C・A・ヒルマン『麻薬の文化史』、U・ダットリー『数秘術大全』、R・タトロー『バッハの暗号』、S・C・グウィン『史上最強のインディアン コマンチ族の興亡』、M・アダムス『マチュピチュ探検記』『アトランティスへの旅』、S・ミズン『渇きの考古学』、M・ブラウディング『古地図に憑かれた男』、R・カーソン『海賊船ハンター』(以上、青土社)、T・ジャット『記憶の山荘■私の戦後史』(みすず書房)、Ph・ジャカン『アメリカ・インディアン』(創元社)ほか。