ユリイカ2009年9月号 特集=アルフォンス・ミュシャ

-没後七〇年記念特集-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2009年9月号 特集=アルフォンス・ミュシャ

定価1,361円(本体1,238円)

発売日2009年9月

ISBN978-4-7917-0197-1

■ 「即興」 の解体*17
  「聴取」 から経験へ 2 / 佐々木敦

■耳目抄*284
  そうかもしれないがそうではないかもしれない / 竹西寛子

■詩
  三行詩のゆめ / 高橋順子
  破れた世界と啼くカナリア / 渡辺玄英

特集*アルフォンス・ミュシャ 没後七〇年記念特集

【ミュシャというメルクマール】
メメント・ミュシャ 死ぬまえにみるべきミュシャとは? / 山本容子 [聞き手=編集部]

【“時” はどこへ行った】
プラハの老画家 / 池内紀
花咲けるアール・ヌーヴォーの庭で / 高遠弘美
ミュシャは、モードを描かなかった / 深井晃子
パリのミュシャと 「装飾芸術」 の時代 / 天野知香
ミュシャとフェルメール / 小林賴子
不可視の無意識を捩れる身体に 官能のミュシャ / 柏木博

【棕櫚の道をたどって】
アルフォンス・ミュシャ作品図版

【「聖都」 巡礼案内】
アルフォンス・ミュシャ作品解説 / 島田紀夫

【光は東方から、そして東方へ】
ミュシャ・ジュエリーの 「東方オリエント」 サラ・ベルナール、ナダール、万博の 「テオドラ」 を原点に / 鶴岡真弓
ミュシャ 《ジスモンダ》 とビザンティン / 喜多崎親
ミュシャとクリムト / 千足伸行
プラハのアール・ヌーヴォーと〈アルフォンス・ムハ〉 / 阿部賢一
ミュシャから杉浦非水へ / 金子賢治

【積み重なる紙の束から・・・・・・】
ミュシャのレタリングとタイポグラフィ / 白井敬尚
シェレとミュシャ ポスター作家としての / 久保村里正
ポストカードから見えるミュシャ / 斉藤充夫

■今月の作品
  カニエ・ナハ 大崎清夏 長谷部裕嗣 上杉健太郎 / 選=伊藤比呂美

 

■われ発見せり
  昼の星の話 / 黒瀬珂瀾