ユリイカ2010年6月号 特集=橋本治

-『桃尻娘』 から 『リア家の人々』 まで…無限遠の小説家-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2010年6月号 特集=橋本治

定価1,361円(本体1,238円)

発売日2010年6月

ISBN978-4-7917-0209-1

■連載
  私の昭和史 戦後篇・続6 / 中村稔

■突飛と天才*9
  発明家 / 春日武彦

■ 「即興」 の懐胎*6
  演劇とダンスが、ほとんど同じものだと考えられる理由について / 佐々木敦

■世界コミックス最前線*9
  八歳の女の子が町を仕切る ジョン・スタンリーの 『ルルーちゃん』 / 小野耕世

■耳目抄*291
  「語ること」 と 「語らせること」 / 竹西寛子

■詩
  『Agend’ Ars』 から / 管啓次郎
  花蓮港、花蓮 / 蜂飼耳

特集*橋本治 『桃尻娘』 から 『リア家の人々』 まで・・・無限遠の小説家』

【小説の虚焦点】
「リア家」 の一時代 / 橋本治×宮沢章夫
橋本治の編み目 / 加藤登紀子
「橋本治」 とはなにものだったのか / 安藤礼二
橋本治のナラトロジー / 川崎賢子

【ひらがな日本史】
予言書 〈未来記〉 作家・橋本治の憂鬱 『双調平家物語ノート』 のぉと / 高木信
橋本治の好きだった歌舞伎 / 矢内賢二
「再創造」 の美術史 / 橋本麻里

【Vanishing Point】
“小説家” という在りかた 『巡礼』 『橋』 『リア家の人々』 をめぐって / 橋本治 [聞き手・構成=栗原裕一郎]
私は橋本治の影響を受けていないはずだ / 坪内祐三
『桃尻娘』 について / 藤野千夜
文藝雑誌にフランス革命を! / 小谷野敦
私的体験・橋本治一九九〇 / 岸川真
人間には不可解ということはない / 松家仁之

【逆算の世界観照】
This year’s girl と紅衛兵。 橋本治を勝手に読む / 千野帽子
1983年の廃墟とワンダーランド 同時代人としての村上春樹と橋本治 / 仲俣暁生
甘美な忘却、キャラクターになりたいひとびと。
 『ハイスクール八犬伝』 とライトノベルの精神史 / ゆずはらとしゆき
二〇一〇年のキンピラゴボウ / 矢野健二
橋本治と 『広告批評』 / 蔓葉信博

【橋本治の読みかた】
橋本治主要著作解題 / 編=栗原裕一郎

特別掲載
  〈犯罪の映画〉 と 〈権力闘争の映画〉 第六〇回ベルリン国際映画祭に見るドイツ映画 / 瀬川裕司

■今月の作品
  長谷部裕嗣 佐々木洋一 中尾瑞樹 村上由起子 / 選=伊藤比呂美

■われ発見せり
  心に明かりがともるように / 田中庸介