虚無感について

-心理学と哲学への挑戦-

ヴィクトール・E・フランクル 著,広岡義之 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
虚無感について

定価本体2600+税

発売日2015年12月

ISBN978-4-7917-6906-3

未邦訳論集、待望の刊行!!世界的なロングセラー『夜と霧』や『死と愛』で知られるヴィクトール・フランクル。日本でも1950年代の初訳から長きにわたって読み継がれてきた。生きがいを喪失させる現代社会において、生きる意味を取り戻すためにはどうすればよいのだろうか。長年の豊富な臨床から得られた経験をもとに、魂の真の癒しとは何かに迫る。