ニュートンのりんご、アインシュタインの神

-科学神話の虚実 -

アルベルト・A・マルティネス 著,野村尚子 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ニュートンのりんご、アインシュタインの神

定価本体2900+税

発売日2015年2月

ISBN978-4-7917-6849-3

ガリレオは、本当にピサの斜塔からものを落としたのか?
ニュートンは落ちるリンゴによって重力の法則を発想したのか?
ダーウィンはガラパゴス・フィンチを見て進化論を思いついたのか?
アインシュタインは本当に神の存在を信じたのか?

何世紀にもわたって脚色され伝播した、科学や科学者にまつわる「常識」「通説」の信憑性を一から疑って調べなおすと、これまで私たちが科学的偉業の裏づけとして、あるいは美談や栄光のドラマとして印象づけられていた伝説や逸話、そして通説までが、どうやらフィクションだったのではと知らされる。
前ページに戻る