村落伝承論

- 『遠野物語』から -

三浦佑之 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
村落伝承論

定価本体2600円+税

発売日2014年7月

ISBN978-4-7917-6798-4

失われゆく伝承のほんとうの意味を探り出す。 その昔、集落にはさまざまな伝承が残っていた。

 そこでは、山には人間味あふれる神が宿り、里にはときおり山男がおりきたり、 闇夜には得体のしれない何者かがひっそりと棲んでいた。 いま聞くと魅惑的だが荒唐無稽な話に聞こえる伝承や説話。

しかしその伝承のなかには、国家や制度によらない古代の人びとが、 いかにして言葉をつむぎ、表現を獲得していったのかという問いの答えが隠されているのだ。 柳田国男の『遠野物語』を基本におきながら、 「正統」な国家や制度からこぼれおちた「人」そして「共同体」に目を向け、そこで語られるものの実相を掘り起こす考究を続けている著者のデビュー作。大幅な増補をくわえ、堂々の復刊。