富士山と三味線

-文化とは何か -

川田順造 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
富士山と三味線

定価本体2200円+税

発売日2014年1月

ISBN978-4-7917-6746-5

富士山の「世界文化遺産」認定に沸く昨今。しかし「文化遺産」保護という国際的な防御策が講じられないまま、グローバル化の猛威によって文化遺産は窮地に追いやられている。 そして、いま、三味線が存亡の危機にあるという。動物愛護観念により、猫の皮を使った三味線文化が消滅の危機に瀕しているのだ。 富士山と三味線。この二つの接点は、全地球を覆うグローバリゼーションである。グローバリゼーションはすべてを画一化し、文化をも消滅させる。それぞれの文化遺産と歴史伝承を検証する文化人類学者の問題意識が提示する、文化とは何か、人間