性倒錯の構造

-フロイト/ラカンの分析理論-

藤田博史 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
性倒錯の構造

定価本体2400+税

発売日2006年5月

ISBN4-7917-6266-5

同性愛、サディズム、マゾヒズム、少女愛、フェティシズムなど、人はなぜ異性愛とは異なる欲動をもつのか。性倒錯の基本構造を、現代精神分析学の最新成果を駆使し明快に分析する――。日本初のラカン学派による性倒錯構造論。