江戸の小さな神々

宮田登 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
江戸の小さな神々

定価本体1800+税

発売日1989年3月

ISBN4-7917-5565-0

江戸の大規模な都市開発は多くの怪異現象をよび起こした。それらの不安を鎮める稲荷や地蔵の祀堂に庶民は何を祈ったのか。その祈りはやがて富士講や御嶽講のうねりを生み出し、お蔭参りやええじゃないかのエネルギーともなって爆発する。江戸における庶民信仰の成立と展開をあとづける野心的な試み。