魂の労働

-ネオリベラリズムの権力論 -

渋谷望 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
魂の労働

定価本体2200+税

発売日2003年11月

ISBN4-7917-6068-9

リストラ、ワークシェアリング、賃下げ、雇用不安……。資本が最優先され、個人が弱体化するこの競争社会を、いかにして生き抜くか。グローバリゼーション、ネオリベラリズム、公共圏、管理社会、介護など、現代思想の最重要キーワードを軸に、消費社会の権力ゲームがはらむ様々な矛盾をえぐりだし、まったく新しい労働論を打ち立てる。