安全保障という逆説

土佐弘之 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
安全保障という逆説

定価本体2600+税

発売日2003年9月

ISBN4-7917-6064-6

湾岸戦争から9・11、イラク攻撃、そしてグローバルな内戦状態へ――「国家の安全保障」に代えて提唱された「人間の安全保障」にひそむ陥穽とは。批的世界システム論の視点から、ポストモダン状況における「安全」の意味を根元的に問い直し、新たな国際的公共性の創出を提起する。