フリークス 新装版

-秘められた自己の神話とイメージ-

レスリー・フィードラー 著,伊藤俊治、旦敬介、大場正明 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
フリークス 新装版

定価本体3800円+税

発売日2019年5月25日

ISBN978-4-7917-7157-8

不滅の20世紀表象文化論
おぞましいと排除され、珍奇として見世物に供され、翻ってはまた、聖なる存在と崇められたフリークス。文学・美術はもとより、心理学や人文諸科学のさまざまな領域に影の主役の如く君臨するフリークス。そして、己の内なる幻想と欲望の投影としてのフリークス――。

line2.gif

【目次】

第1部

1 小人たち――クノウムホトポウから親指トム将軍まで

2 小人たち――イメージの転換

3 巨人の夢

4 スーパーマンとスーパーウーマン――夢の陰の恐怖

5 美女と野獣――醜さのエロス

6 野生人と野生児

7 両性具有者たち

8 シャム双生児

第2部

9 神学から奇形学へ

10 フリークスと文学上の想像

11 フリークスの沈黙とサイド・ショウのメッセージ

12 フリーキング・アウト

13 突然変異体の神話と奇形のイメージ


ビブリオグラフィー
謝辞
訳者あとがき

line2.gif

[著者] レスリー・フィードラー

1917-2003 批評家。文化人類学・深層心理学を援用するユニークな方法論をとる。著作に『アメリカ小説における愛と死』など。