バスラーの白い空から 新装版

佐野英二郎 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
バスラーの白い空から 新装版

定価本体1400円+税

発売日2019年3月9日

ISBN978-4-7917-7147-9

人種を異にし肌の色を異にする人々との心のふれあい、愛犬との出会いと再会と別離など、商社員として、生活の過半を海外で過ごした国際人が綴った人間愛の文章。

須賀敦子▶ 偶然手に取ってぱらぱらっとみて、すぐに惹かれてしまったんです……こういう書き手がひっそりどこかにいる……世に出ようと思って書いた文章ではないことに、とても打たれました。
菅野昭正▶ 読み始めて、文章の見事さにまず本当に感心しましたね……筆をとる人間としては、ある意味では脅威を感じます。

TVKテレビ《机の本ベッドの本》での対話

line2.gif

【目次】

わがセバスチャン

西アフリカの春

セバスチャンが死んだ夜

バスラーの白い空から

サン・セバスチャンに雪の夜半

 

私の週末

一九四四年 春

海ゴーゴート鳴レル夜ハ

 

後記(中村稔)

 

line2.gif

[著者] 佐野英二郎(さの・えいじろう)

1926年生まれ。早稲田大学を卒業後、大手商社員として、アメリカ・イギリスそしてアフリカなど、およそ19年を海外の各地に勤務。
1987年、胃がん手術を受ける。
1992年、術後5年の無事を祝ってまもなくの後、急逝。