幻の戦時下文学

-『月刊毎日』傑作選-

石川巧 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
幻の戦時下文学

定価本体2600円+税

発売日2019年1月26日

ISBN978-4-7917-7135-6

廃れたのは国か、町か、人情か
三年前、古本の山から見つけられた1冊の雑誌。それは大川周明、小泉信三、亀井勝一郎、石川達三、壺井栄、大佛次郎、斎藤茂吉など豪華執筆陣による幻の雑誌だった。その中から、歴史的・文学的に価値の高い名作を厳選。日本人の心をさぐる待望のアンソロジー。

line2.gif

【目次】

まえがき(石川 巧)

凡例

創刊の辞

第一部 「大東亜」の夢
大川周明    解決の唯一路
林 房雄     大東亜の文学
佐藤市郎    現代決戦の本質
小泉信三    職域に戦ふ
齋藤 瀏     必死必殺 神風特別特攻隊と日本精神
豊田三郎    東京から
大河原 元    沖縄から来る敵機を解剖す

第二部 時局への懐疑 
野山草吉    時の人・宇垣一成/重光 葵/小磯国昭/谷 正之
波多野乾一   自主建国論の台頭
亀井勝一郎   最も道徳的な人間とは
長谷川如是閑  戦争と民族的道徳性

第三部 戦の日々
山口久吉    北九州空襲体験記
里村欣三    美しき戦死(*遺作)
尾崎士郎    バタアン残月
石川達三    沈黙の島(*)
高松棟一郎   ルソン最後の特攻隊
尾崎一雄    我が疎開記
大下宇陀兒   わが残留記 

第四部 銃後の暮らし
堤 千代     女郎花
壺井 栄     村の運動会(*)
大佛次郎    遅桜
窪川(佐多)稲子 たゝずまひ
伊藤永之介   日本の水
丹羽文雄    青春の別れ
武田麟太郎   嫌はれもの(*)
室生犀星    片信
榊山 潤     山村

第五部 異郷を想う
周 作人     雨の感想
梅 娘      私の随想と日本
栗原 信     湖南ところどころ
錢 稻孫     近譚一二
簫 艽     友を懐ふ
小杉放庵    よき中国人
吉川幸次郎   支那と世界と日本
奥野信太郎   中国の大学生
武者小路実篤  筆と墨

第六部 日常を詠む
大木惇夫    うなばら洲
山口誓子    月明
水原秋櫻子   初秋
前田普羅    静かなる日本
長谷川素逝   大陸吟詠抄
岡 麓      決戦近しといふ
佐藤春夫    異郷の新春(*)
山口青邨    御代の春
斎藤茂吉    新年述志
河井酔茗    吾家の待避壕
齋藤 史     日常
会津八一    火鉢
生方たつゑ   徹るみち
中村草田男   末弟征く
土屋文明    北京雑詠
飯田蛇笏    皇土還春
吉野秀雄    富士
前田夕暮    暁の空
小杉放庵    北京五首

 

原作者プロフィール

《付録》第二巻第六号目次

補論・あとがき(石川 巧)

line2.gif

[編著者] 石川巧(いしかわ・たくみ)

1963年、秋田県生まれ。山口大学専任講師、九州大学大学院助教授を経て、現在、立教大学教授。専攻は日本近代文学・文化。著書に『幻の雑誌が語る戦争--『月刊毎日』『国際女性』『新生活』『想苑』』(青土社、2018)、『『月刊読売』解題・詳細総目次・執筆者索引』(三人社、2014)、『高度経済成長期の文学』(ひつじ書房、2012)、『「いい文章」ってなんだ--入試作文・小論文の歴史』(ちくま新書、2010)、『「国語」入試の近現代史』(講談社メチエ、2008)、共編著に『〈ヤミ市〉文化論』(ひつじ書房、2017)、編著に『くろがね』復刻版(金沢文圃閣、2018)など。